添加剤ドットコムは添加剤に関する総合サイトです

コービオンジャパン株式会社 植物由来・乳酸ベースの乳化剤

PURAC ® Sanilac (ピューラックサニラック)
パワフルな抗菌作用を持つ乳酸

コービオンジャパン社

殺菌剤・防腐剤(EPA·ABPR登録済)

植物由来•生分解性

抗ウィルス・抗バクテリア対策に

環境に安全

Pulac Sanilac (=Pulac HS)

PURAC®Sanilacは、抗菌剤として使用されるCorbion Puracの L(+)乳酸です。ホームケア、業務用洗浄剤用途でのさまざまな洗浄剤と消毒剤に優れた抗菌性の恩恵をもたらします。

登録と入手可能性

PURAC®Sanilacは世界中で使用出来ます。米国では殺虫剤、 殺菌剤、殺鼠剤法(FIFRA) に基づいて環境保護庁(EPA)に登録 されていて 、環境適合設計(DfE)試験的プログラムの承認も受けています。

欧州では、PURAC®Sanilacは、殺生物性製品規制(EU)No 528/2012に基づく以下の製品タイプ(PT)で 届出が行われ ています。

PT 2家庭および公衆衛生分野殺菌剤、およびその他の殺生 物性製品

PT 3動物用衛生殺生物性製品

PT 4食品および飼料分野殺菌剤

PT 6缶内保存料

そのため、PURAC®SanilacはCorbionPuracの届出院係書類に従って、有効として登録された消毒剤の処方で使用できます。スウェーデンでは、PURAC®Sanilacは、スワェーデンの環境 安全ラベルベを持つ洗浄剤用保存料として登録されています。

高い有効性と前向きな環境意識

PURAC®Sanilacは、その高い抗菌有効性と優れた環境プロフ ァイルのために 、いくつかの消費者、工業/公共機関用殺菌洗浄製品で使用されています。バイベースで、生分解性で 、環境 と人間に対して無害です。PURAC®Sanilacは、安全食品認定 (GRAS) ステータスを持っています。皮膚を過敏にしません。従来の多くの殺生物剤に対する安全な代替品です。

グラフ1.抗パクテリアのメカニズム

コービオンジャパン社

プロトンの放出のため、AEPアーゼ(加水分解酵素)が消費され細胞内エネルギーが激減する。

外部
pH=4

起因要素:
・pKa (酸解離定数)
・Log P (分解係数)
・分子サイズ等

コービオンジャパン社

バクテリアはグルコース からエネルギーを取リ 入れる。

細胞の周りの環境に高濃度の乳酸存在下では、エネルギー代謝が阻止される。

強力な相乗的抗菌効力

PURAC®Sanilacはそれ自体として殺生物剤ではなく、第4級アンモニウム成分やトリクロサンなどの従来の殺生物斉I」に匹敵しません。しかし、高濃度で一部の殺生物特性を有します。界面活性剤やアルコールなどの一般的に使用される多くの洗浄剤原料は、PURAC®Sanilacの有効性を非常に高めます。結果として、併用ざれる場合に PURAC®Sanilacは強力な抗菌効力を提供し、低濃度での強力な殺菌剤です。
PURAC®Sanilacの抗闊効力はEN 1276試験(表1)で証明されています。

二重作用抗菌メカニズム

PURAC®Sanilacの抗菌メカニズムは、紐菌細胞の脂質膜に容易に浸透し、一旦取リ込まれると、陰イオンとプロトンに分解されます。過剰な陽子を持ち出すには、細胞アデノシン三リン酸 (ATP)の消費が必要で、これによって細胞エネルギーを激減させます。この逓減効果に加えて、Sanilacは乳酸塩が細胞内で生成されるようにします。これによってエネルギー経路を遅くします。

抗ウイルス効力

PURAC®Sanilacの抗ウイルス効力はEN14476試験(表2)で証明されています。

抗ウイルス性メカニズム

PURAC®Sanilacの抗ウイルス有効性は、そのライフサイクル内のさまざまな段階でさまざまな種類のウイルスに作用できる多数のメカニズムを通じて達成されます。
PURAC®Sanilacは、ヘルペスなどいくつかのウイルスのタンパク質または脂質のコートを恒久的に不活性化します。インフルエンザに対しては、宿主標的細胞に結合するのに不可欠なウイルス内の特定分子を非活性化します。

製品の使用と取リ扱い

PURAC®Sanilacは、高濃度( 80%または88%の有効成分)、低粘度溶液として入手可能です。標準的な液体混合機器によって洗浄剤や業務用洗浄剤に混ぜて取リ扱うことができます。 PURAC®Sanilacはアニオン系界臣活性剤ベースの製剤など広範囲な洗浄剤原料に問題なくご使用になれます。

表1. PURAC®Sanilacの抗バクテリア効果
(EN1276テスト/pH3)

Log減少値 大腿菌 緑濃菌 腸内連
鎖球菌
黄色ブドウ球菌

3.0% PURAC®Sanilac + 3.0% 二級アルカンスルホン酸塩

5以上

5以上

5以上

5以上

3.0% PURAC®Sanilac + 3.0% ラウリルエーテル硫酸ナトリ ウム、E02

5以上

5以上

5以上

5以上

3.0% PURAC®Sanilac+ 1.5%ラウリル硫酸ナトリウム

5以上

5以上

5以上

5以上

3.0% PURAC®Sanilac + 2.0% 過酸化水素

5以上

5以上

5以上

5以上

3.0% PURAC®Sanilac+ 0.25% ニコアミンオキシド

5以上

5以上

5以上

5以上

表2 PURAC Sanilacの抗ウィルス効果
(ENl4776テスト)

Log減少値 ヘルペス インフルエンザ

3.0% PURAC®Sanilac pH2

3以上で合格

4以上で合格

3.0% PURAC®Sanilac+ 1.5% SLS pH3

3以上で合格

4以上で合格

3.0% PURAC®Sanilac+ 1.5% SLS pH5

3以上で合格

4以上で合格

グラフ2)抗ウィルスのメカニズム

コービオンジャパン社