添加剤ドットコムは添加剤に関する総合サイトです

モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社

SILQUEST製品一覧 MOMENTIVE http://www.momentive.jp/
お問い合わせ先:豊通ケミプラス株式会社 03-4306-8679


シランカップリング剤

シランカップリング剤は、分子中に無機材料(無機充てん材、ガラス、金属など)と親和性、反応性を有する加水分 解基(X)、有機材料(有機合成樹脂など)と化学結合する有機官能基(Y)を持っており、有機材料と無機材料を結合 させる機能を有し、様々な複合材料の機械的強度、耐水性、接着性などの改良に役立ちます。このような特性を利用 し、接着剤、塗料、コーティング材、複合強化樹脂、合成ゴム、無機充てん材表面処理など幅広い分野・用途に使用 されています。このカタログは、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズが新しく製品ラインナップに加えました 「SILQUEST* SILANE」の標準的な銘柄をご紹介するものです。
シランカップリング剤の基本化学構造
シランカップリング剤の化学構造は一般に次のように表されます。
シランカップリング剤_化学構造
 
各アプリケーションにシランカップリング剤を使用したときの、特徴的な効果を一覧に示します。
用 途 シランカップリング剤の効果
接着剤・シーリング材 湿潤、および乾燥接着強度の改良
熱水安定性(煮沸安定性)の改良
耐薬品性の向上
粘弾性の改良
耐候性、耐久性の向上
充てん材、および顔料分散性の改良
塗料・コーティング材 接着性の向上
耐薬品性の向上
耐候性、耐久性、耐摩耗性の向上
充てん材、および顔料分散性の改良
ガラス繊維強化樹脂 衝撃強度の向上 耐水性の向上
ガラス繊維束のほつれ防止
電気絶縁性の向上
断熱マットの弾性力改善
強度保持能力の改善
湿潤環境下での長期安定性の向上
印刷用インク 接着性の向上 離型性の向上
濡れ性の改善
   
エラストマー 耐摩耗性、耐引裂き性の向上
充てん材の分散性の改善
伸びの改善  追従性の向上
混練工程の短縮(コスト低減)
熱可塑性樹脂 充てん材、および顔料の分散性改善
高機能化 難燃性の付与
オレフィン樹脂の架橋  


シランカップリング剤の使用法
有機材料への添加方法
有機材料に直接もしくは有機溶剤等で希釈して添加します。シラン添加量は、使用する材料、系、条件などによって異なりますが、 0.2~2%くらい が一般的です。なお、使用の際はシランカップリング剤の種類によっては、増粘、ゲル化等を起こすことがありますので、十分にご注意ください。
無機充てん材の表面処理方法
無機充てん材をあらかじめシランカップリング剤で処理する方法で、取扱いが簡単です。この方法には、次の3つの方法があります。
前処理 ▼ ①乾式法
大量の処理をするのに適している方法で、無機充てん材をよくかき混ぜながらシランカップリング剤を噴霧するか蒸気状態で吹き込みます。必要に応じて加熱処理工程を入れます。この方法は、希釈剤を使用しないため作業性に優れています。

前処理 ▼ ②湿式法
無機充てん材を溶媒中に分散させ、シランカップリング剤も水や有機溶媒に希釈し、スラリー状態で激しくかき混ぜながら添加する方法です。均一な処理が可能です。

インテグラルブレンド法
無機充てん材を有機樹脂に混合する際に、シランカップリング剤を直接樹脂に添加する方法です。前処理法に比べ効果はやや劣りますが、簡便であることから工業的に広く行われています。この方法で無機充てん材にシランカップリング剤が作用する際には、次の3段階を経ます。
3段階
したがって、この方法ではシランカップリング剤と有機樹脂の反応性に注意する必要があります。

シランカップリング剤の添加量
プライマーおよび接着向上剤としての使用方法
プライマーとして使用する場合
アルコール系溶媒、例えばイソプロピルアルコール(IPA)の1-2%溶液を調整し、被着体に直接塗布します。IPAを揮発させてから目的の接着剤あるいはコーティング材を塗布します。
 
接着向上剤として使用する場合
接着剤あるいはコーティング材に、シランカップリング剤を約1%添加してください。使用するシランカップリング剤と接着剤、コーティング材との組み合わせよっては、反応してゲル化する場合がありますので、あらかじめ確認願います。


化学名と構造式
 
化学名と構造式


一般特性
 
一般特性


適用樹脂
 
適用樹脂一覧


各種溶媒に対する溶解性
各種溶媒に対する溶解性を下表に示します。各製品のアルコキシ基(メトキシ基、エトキシ基など)は、水の存在下で加水分解し、シラノールを 生成します。また、加水分解速度は、溶媒の液性に大きく影響を受けます。表中のデータは、中性の水に対する溶解性を示しております。“溶解/ 加水分解”と表記のある場合でも、条件によっては即座に加水分解する場合もあります。
 
各種溶媒に対する溶解性一覧

 


取扱い上の注意・保管
●本製品は一般工業用途向けに開発・製造されたものです。体内に埋植、注入する用途、または体内に一部が残留するおそれのある用途には絶対に使用 しないでください。
●製品改良のため、予告なく内容を変更する場合があります。
モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社